LIME Japan
社会基盤の超長寿命化を考える日本会議
category : 第7回啓発セミナー

「笹子トンネル事故から何を学ぶか-インフラのメンテナンス問題を考える」

共催:NPO法人社会基盤ライフサイクルマネジメント研究会
協賛:土木学会、 日本建築学会 、日本コンクリート工学会、 日本材料学会 、日本鉄鋼協会、セメント協会、鉄鋼スラグ協会
   土木学会認定CPD プログラム

目 的
 高度経済成長期に整備されたわが国の道路、橋梁およびトンネル等の社会基盤の老朽化が進行し、そのメンテナンスが喫緊の課題となっている。インフラのメンテナンスは、社会構造および環境の変化に応じたものでなければならない。太田国交大臣は、今年を「メンテナンス元年」と位置付け、インフラのメンテナンス問題に国を挙げて取り組む姿勢を示しているが、メンテナンスシステムの確立、財源確保および人材育成等、課題が多い。とくに、地方自治体においては、産官学および地域住民との協働が望まれる。今後における、わが国のインフラのメンテナンスの実効あるあり方について考えたい。

開催日時・場所2014 年2 月14日(金)13:00~16:55
        「スクワール麹町」3F 錦華の間 (東京都千代田区麹町6 丁目・JR 四ツ谷駅前)

プログラム
開会の挨拶と趣旨説明(NPO 法人 阪田憲次理事長)

第一部:特別講演
「インフラストラクチャのマネジメント-2つの側面-」 :藤野陽三 氏(東京大学特任教授)

第二部:講演「インフラのメンテナンスに関する諸問題」
①   構造物の長寿命化とメンテナンス:石橋忠良氏(ジェイアール東コンサルタンツ株式会社取締役会長)
②   地域のインフラ長寿命化に向けて:岩城一郎氏(日本大学教授)

第三部:パネルディスカッション 「社会基盤のメンテナンス」
〇コーディネーター NPO法人 齋藤宏保副理事長(中部大学教授)
〇パネリスト
*藤野陽三 氏(東京大学特任教授)
*石橋忠良氏(ジェイアール東コンサルタンツ株式会社取締役会長)
*岩城一郎氏(日本大学教授)
*阪田憲次(NPO法人理事長)
〇ディスカッションの流れ
1. 笹子トンネル事故から学ぶこと
2. インフラの維持管理がなぜ重要なのか
3. なぜインフラの維持管理が進まないのか(壁・障害)
4. どうすればインフラの維持管理が進むのか(解決策)
5. 提言

閉会の挨拶(NPO法人 阪田理事長)
 

意見交換会】17:00~ スクワール麹町 5F 豊の間


第一部 収録ビデオ YouTube

第二部 「構造物の長寿命化とメンテナンス」JR東日本コンサルタンツ(株)取締役会長 石橋 忠良 氏

第三部 収録ビデオ YouTube

iphone_mail_icon0.jpgFacebook_Logo.pngtwitter-logo.png